「Prism for Xamarin.Forms入門」の内容がよくてためになる


Prism for Xamarin.Forms入門

上記でまとめられている、Xamarin.Forms の Prism についての解説がよくてためになります。

ただ、記事の内容が若干内容が難しく、以下の本を読んでから挑んだのですが、まだ3、4割の理解といったところでしょうか。ちなみに、この本は Xamarin.Forms の基本から Prism のさわりまで解説してあってよかったです。

基礎から学ぶ Xamarinプログラミング
西村 誠
シーアンドアール研究所 (2017-07-27)
売り上げランキング: 187,192

話は戻り、記事の内容は MVVMパターンや、疎結合、関心(事)の分離、などから始まり、Dependency Injection(DI)などの解説もあります。その後、Prism での設計や実装についての解説に入ります。

ネットの記事としては、かなり質が高いのではないでしょうか。

しかし、Prism というか WPF や UWP といった XAML ベースの経験がまったくなしで読むのは少々きついですね。💦

以下の本が、記事の理解しているのを前提としていたのですが、ちょっとチャレンジになりますが次に進みたいと思います。

話は変わりますが、技術書典で販売している Xamarin の書籍が Kindle で販売しているのを知って、思わず小躍りです。

なかなか、技術書典は人が多いのもあるし気軽には行けないですから、Kindle で出版してくれたことに感謝です。

うれしくて、以下の書籍もポチってしまいました。

また、技術書典があるそうですが、Kindle で出版してくれることを期待しています。