映画「聲の形」をOculus Goで観た


Netflix で配信されている、映画「聲の形」をOculus Go にて視聴しました。

www.netflix.com

Oculus Go で映画を観ると、大スクリーンで観られるのがよいですね。

画像ももう少しよければいうことはないのですが、Oculus Go の価格を考えるとまあ仕方ないかなという感じです。

よりよい画質を追求したければ、上位モデル Oculus Rift とか、来春に発売予定の Oculas Quest なんかが必要なんでしょうね。

とりあえず、VR を体験したいだけなら、Oculus Go で十分ではありますが。

さて、Oculus Go の話はこの辺にして、「聲の形」の感想を書いてみたいと思います。

この作品は耳に障碍のある女の子がクラスに転入してきたことから、いじめが起きることから始まる、いじめや少年少女の葛藤を描いたものになります。

いじめをテーマにしているので、暗いイメージを持つかもしれませんが、そういったことはなく、いじめの描写を行いつつも暗くならない配慮がされています。

そして、いじめた側、いじめられた側、の双方の立場で物語は進んでいき、少年少女の心の描写も上手に描かれていました。

この映画を観て泣けるかと言われればそういうことはないのですが、非常に考えさせられるよい作品だと思います。

Netflix に加入している方は、追加費用無しで観られるので一度観てみてはいかがでしょうか。