あるSEのつぶやき・改

IT・システム開発に関することをつぶやいています。

macOSにOpenJDK12をインストールする方法


macOS に OpenJDK をインストールする方法を解説します。

現時点(2019/07/28)では、OpenJDK 12.0.2 が最新なので、このバージョンをインストールします。

まず、OpenJDK のサイトにアクセスします。

openjdk.java.net

そして、以下のようにして、OpenJDK のファイルをダウンロードします。

f:id:fnyablog:20190728015154p:plain:w480

f:id:fnyablog:20190728015226p:plain:w480

ダウンロードしたファイル名はopenjdk-12.0.2_osx-x64_bin.tar.gzになります。

これを下記コマンドで解凍します。

$ tar xvfz openjdk-12.0.2_osx-x64_bin.tar.gz

すると、jdk-12.0.2.jdkというディレクトリが作成されるので、これを/Library/Java/JavaVirtualMachines配下に移動します。

$ sudo mv ./jdk-12.0.2.jdk /Library/Java/JavaVirtualMachines/

java_homeコマンドが、OpenJDK を認識しているか確認します。

$ /usr/libexec/java_home -V
Matching Java Virtual Machines (1):
    12.0.2, x86_64:  "OpenJDK 12.0.2" /Library/Java/JavaVirtualMachines/jdk-12.0.2.jdk/Contents/Home

/Library/Java/JavaVirtualMachines/jdk-12.0.2.jdk/Contents/Home

問題ないですね。

環境変数のJAVA_HOMEに OpenJDK 12.0.2 を設定します。

$ export JAVA_HOME=`/usr/libexec/java_home -v 12.0.2`

Javaのバージョンを確認します。

$ java -version
openjdk version "12.0.2" 2019-07-16
OpenJDK Runtime Environment (build 12.0.2+10)
OpenJDK 64-Bit Server VM (build 12.0.2+10, mixed mode, sharing)

OKですね。