あるSEのつぶやき・改

IT・システム開発に関することをつぶやいています。

nodenvで(set by NODENV_VERSION environment variable)が表示されnodeのバージョン切り替えができない


nodenv で nodeのバージョン切り替えができなくなったので、備忘録としてメモしておきます。

nodenv については、下記記事を参考にしてください。

www.aruse.net

現象としては、nodenv versionsを実行すると、(set by NODENV_VERSION environment variable)がついている node のバージョンから切り替えることができなくなりました。

$ nodenv versions
  system
  10.16.0
* 12.4.0 (set by NODENV_VERSION environment variable)

本来だったら、10.16.0に node のバージョンを切り替えるには以下のようにします。

$ nodenv global 10.16.0

ですができずに困っていたのですが、以下のようにすると node のバージョンを切り替えることができました。

$ NODENV_VERSION=10.16.0
$ nodenv versions
  system
* 10.16.0 (set by NODENV_VERSION environment variable)
  12.4.0

これははまりますね。。

ちなみに、下記コマンドを実行することで、通常のバージョン切り替えができるようになりました。

$ unset NODENV_VERSION

この削除を永続化するためには、以下のように.bash_profileに1行追加します。

# 追加
$ vim .bash_profile
export -n NODENV_VERSION 

# 設定反映
$ source .bash_profile