あるSEのつぶやき・改

ITやシステム開発などの技術に関する話題を、SEとしての経験から取り上げたり解説したりしています。

人の間違いを指摘するって難しい

自分は、IT業界に生息していますが、以前はセキュリティ関係の業務もやっていました。

ですので、セキュリティ、特にWebセキュリティ周りについては多少の知識があるのではないかと思っています。

昨日のことですが、はてなブログのグループで、Webセキュリティについて大胆に間違った情報を載せているブログを見つけました。

あぁ、この人はまだ学習中なのにアウトプットをしたのかな?と思いつつ、その間違いの指摘はできませんでした。

ちょっと文面から思い込みが強そうな印象を受けたので、絡まれると怖いなと思ったのがその理由です。

そこから、あぁ、人の間違いを指摘するのって難しいなと改めて思いました。

間違いを指摘すると、相手がイヤな感情になり、お互いがギクシャクするというのがあり、そういうのってイヤなんですよね。

仕事であれば、それだと困るので、バシッと?指摘するのですが、私生活ではやっぱり難しい。

相手によく思われたいんだね。

ただなぁ、Webセキュリティの初学者が最初にあのブログの記事を読むと間違った知識を吸収しちゃうよなぁ、とは思っていて。

情報や意見を公開する自由は基本的に制限できないけど、それによる弊害もあるよね。

と思った暑い夏の日。