あるSEのつぶやき・改

ITやシステム開発などの技術に関する話題を、SEとしての経験から取り上げたり解説したりしています。

OneDrive連携できるMarkdownエディタ「Joplin」がいい感じ

クラウドストレージを使用できる Markdown エディタを探していたのですが、なかなか見つからなかったのですが「Joplin」という Markdown エディタがよい感じです(Windows/Mac/Linux)。

joplinapp.org

Joplin

Joplin は、Dropbox や OneDrive などのクラウドストレージにデータを保存でき、Android や iOSのアプリもあるので、どこでも Markdown で作業ができるのがいいところです。

また、設定で日本語メニューに変更できるのもいいですね。

Joplin のデフォルトのクラウドストレージは Dropbox ですが、自分は OneDrive の 1TB の容量を活用したくて OneDrive を使用しています。若干不安定な部分がありますが。。

以下のようなエラーがでることがあるのですが、パソコンで出た場合は何回か保存を繰り返し、Androidアプリで出たらアプリのキャッシュをクリアして何回か同期を実行するなどする必要があります。iOSでは、検証中は出なかったです。

完了: 2020-08-30 19:45

最新のエラー: Error: Got metadata for path but could not fetch content: xxxxx.md

OneDrive で使うときは、同期がちゃんとできているか確認する必要がありますが、まあ、現実的なラインで使えます。

安定性を優先させたい場合は、Dropbox の方がよいようなので参考にしてみてください。

もっと安定したクラウドストレージを使用したい場合は、サービス独自のクラウドストレージですが「Boost Note」という Markdown エディタもいいかもしれません(Windows/Mac/Linux)。

boostnote.io

100MBまでなら無料のクラウドストレージが使用でき、GitHub のアカウントで認証できるので手軽に使用できます。

また、検証した限りエラーは出ませんでしたし、Android, iOS のアプリもあります。

こちらもご参考までに。

しばらくは、Joplin を使い倒そうと思います。