あるSEのつぶやき・改

IT・システム開発に関することをつぶやいています。

Spring Boot入門:Spring MVCでWebアプリケーションを作成する


はじめに

この記事は「Getting Started:Serving Web Content with Spring MVC」から、実際に動作させてみたことを記録したものになります。

Spring Boot アプリケーションを作成することから始めます。

作業環境は、以下の通りです。

  • Java 1.8 以降
  • IntelliJ IDEA Community Edition

IntelliJ IDEA Community Edition のダウンロードとインストールは、下記記事を参考にしてください。

www.aruse.net

Spring Boot のプロジェクト作成

IntelliJ IDEA Community Edition は無償で商用利用も可能な IDE ですが、Spring Boot のプロジェクトを作成できません。

ですので、以下の Spring Initializr というサイトで Spring Boot のプロジェクトを作成します。

基本的にデフォルトなのですが、Dependencies に いくつか追加しています。

項目 設定値 備考
Project Maven Project デフォルト
Language Java デフォルト
Spring Boot 2.1.6 デフォルト
Project Meta (Group) com.example デフォルト
(Artifact) demo デフォルト
options デフォルト
Dependencies Spring Web Starter 追加
Thymeleaf 追加
Spring Boot WebTools 追加

設定ができたら、[Generate the project] をクリックして、自動生成される demo.zip をダウンロードします。

解凍して作成された demo フォルダを IntelliJ IDEA Community Edition で開いたら、Spring Boot のプロジェクト作成は完了です。

コントローラーの作成

リクエストを受け付けるコントローラーを作成します。

src/main/java/com.example.demo/GreetingController.java

package com.example.demo;

import org.springframework.stereotype.Controller;
import org.springframework.ui.Model;
import org.springframework.web.bind.annotation.GetMapping;
import org.springframework.web.bind.annotation.RequestParam;

@Controller
public class GreetingController {

    @GetMapping("/greeting")
    public String greeting(@RequestParam(name="name", required = false, defaultValue = "World") String name, Model model) {
        model.addAttribute("name", name);
        return "greeting";
    }
}

ビューのテンプレート作成

表示するビューのテンプレートを作成します。Thymeleaf テンプレート使用します。

src/main/resources/templates/greeting.html

<!DOCTYPE HTML>
<html xmlns:th="http://www.thymeleaf.org">
<head>
    <title>Getting Started: Serving Web Content</title>
    <meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=UTF-8" />
</head>
<body>
    <p th:text="'Hello, ' + ${name} + '!'" />
</body>
</html>

動作確認

DemoApplicationクラスを右クリックして、[Run DemoApplication.main()]をクリックして Spring Boot を起動します。

http://localhost:8080/greetingにブラウザでアクセスすると、予想通りの表示がされました。

f:id:fnyablog:20190804095509p:plain:w480

今度は、nameパラメータを付けてhttp://localhost:8080/greeting?name=Userでアクセスすると、ちゃんと内容が反映されていますね。

f:id:fnyablog:20190804095747p:plain:w480

トップページの作成

index.htmlという静的ページを作成します。

src/main/resources/static/index.html

<!DOCTYPE HTML>
<html>
<head>
    <title>Getting Started: Serving Web Content</title>
    <meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=UTF-8" />
</head>
<body>
<p>Get your greeting <a href="/greeting">here</a></p>
</body>
</html>

http://localhost:8080でアクセスすると、ちゃんと表示されますね。

f:id:fnyablog:20190804100418p:plain:w480

おわりに

Getting Start は原文には英語ですが詳細な解説がされています。

是非参考にしてみてください。