あるSEのつぶやき・改

ITやシステム開発などの技術に関する話題を、SEとしての経験から取り上げたり解説したりしています。

Spring BootプロジェクトをIntelliJ IDEA CEで作成する

はじめに

Spring Boot の開発をしたいけれど、最初はどうしたらいいか分からないことも多いかと思います。

そこで、以下の開発環境を構築する方法をご紹介したいと思います。

  • Spring Boot 2.7.0
  • Java 11
  • IntelliJ IDEA Community Edition

IntelliJ IDEA とは

IntelliJ IDEA は、Java のシステム開発で使用される優れた IDE ですが、Ultimate Edition(UE) と Community Edition(CE)があります。

UE は有料ですが CE は無料で使用できます。もちろん、UE の方が機能が上ですし、CE は実際に開発で使うと不便なところもあります。

個人的に、CE で不便なところは、Spring Boot のプロジェクトを作成できないことと、Thymeleaf のサポートがないことでしょうか。データベース周りも不便ですね。とはいえ、自宅で学習するには十分ですし、実際の開発もこなせます。

UE と CE の違いは以下のようになります。より詳しい比較表がリンク先にはあります。

オープンソースコードを基盤とする無料の IntelliJ IDEA Community エディションは、純粋な JVM 開発用です。 有料の IntelliJ IDEA Ultimate は、フルスタック開発とエンタープライズ開発用に設計されており、広範なバックエンドおよびフロントエンドのフレームワークとテクノロジーをサポートしています。

IntelliJ IDEA Ultimate と IntelliJ IDEA Community

CE はビジネスのシステム開発で使えるか気になるところですが、公式にある通り問題なく使用できます。

はい。IntelliJ IDEA Community Edition と PyCharm Community Edition(Community IDE)は、商用ソフトウェアの開発に使用することができます。

商用ソフトウェアを開発するために Community エディションの JetBrains IDE を使用できますか?

唯一の例外は、派生製品の作成または Community IDE を商品化することです。

IntelliJ IDEA CE のインストール

IntelliJ IDEA CE は、以下のリンクから「Community」側からダウンロード可能です。

Download IntelliJ IDEA: The Capable & Ergonomic Java IDE by JetBrains

macOS の場合は、CPU が Intel か Apple Silicon か指定してダウンロードする必要があるので気をつけてください。

ダウンロードし、通常通りインストールすれば完了です。

Spring Initializr で Spring Boot のプロジェクトを作成

Spring Boot のプロジェクトは、以下の「Spring Initializr」というサイトで作成してダウンロードすることができます。ちなみに、UE だとこの作業は不要で IDE で全て作業ができます。

Spring Initializr

今回は、以下のように Spring Boot のプロジェクトを作成してダウンロードします。

項目 設定値
Project Gradle Project
Language Java
Spring Boot 2.7.0
Project Metadata
Group com.example
Artifact demo
Name demo
Description Demo project for Spring Boot
Package name com.example.demo
Packaging Jar
Java 11
Dependencies
Lombok 追加
Thymeleaf 追加
Spring Web 追加

GENERATE をクリックすると、zip ファイルがダウンロードされるので、解凍して適当なディレクトリに保存します。

IntelliJ IDEA での設定

Spring Initializr で作成した Spring Boot のプロジェクトを IntelliJ IDEA で使用するには、少し設定が必要です。

Java のバージョンを設定

IntelliJ IDEA のメニューの File > Project Structure... から、使用する Java のバージョンを指定します。指定するのは、Project Settings > Project の SDKLanguage level になります。

今回は Java 11 を指定しています。

SDKLanguage level で使用したいバージョンがなければ、ドロップダウンリストから追加する事ができます。

アプリケーションの設定

まだ、アプリケーションの設定ができていないため、アプリケーションが動作しないので設定を行います。

DemoApplication を右クリックして、 Run 'DemoApplication.main()' を実行すると、Spring Boot が起動します。

これで、アプリケーションの設定ができたので、右上の赤い四角ボタンをクリックしてアプリケーションを終了します。

次に、 test ディレクトリの下にある DemoApplicationTests を右クリックして、Run 'DemoApplicationTests' を実行します。

他にも、IntelliJ IDEA のプラグインが必要だった場合はインストールが必要ですが、基本的にはこれで OK です。

おわりに

Spring Boot や IntelliJ IDEA って最初の敷居が高いのですが、慣れるとなかなかよいので試していただければと思います。