あるSEのつぶやき・改

IT・システム開発に関することをつぶやいています。

rbenvで最新版のruby2.6.0をインストールする方法


rbenvで最新版のruby2.6.0をインストールしようとしたのですが、なかなかやり方が分からなかったのでその方法を残しておきます。

なお、環境は CentOS 7でrbenv はすでにインストール済みとします。

まずは、下記コマンドでインストール可能なrubyのバージョンを確認します。

$ rbenv install -l
  2.5.0
  2.5.1
  2.5.2
  2.5.3
  2.6.0-dev
  2.6.0-preview1
  2.6.0-preview2

ruby 2.6.0 の最新版が使用できないようです。

この一覧に最新バージョンのrubyを表示するためには、以下のコマンドを実行する必要があります。

$ cd ~/.rbenv/plugins/ruby-build/
git pull

これで再度インストール可能なrubyのバージョンを調べてみると…

$ rbenv install -l
  2.5.0
  2.5.1
  2.5.2
  2.5.3
  2.6.0-dev
  2.6.0-preview1
  2.6.0-preview2
  2.6.0-preview3
  2.6.0-rc1
  2.6.0-rc2
  2.6.0
  2.7.0-dev

ruby 2.6.0 が表示されるようになりましたね。

rbenv に ruby 2.6.0 をインストールします(時間がかかります)。

$ rbenv install 2.6.0

現在のrbenvでのrubyのバージョンを調べます。

$ rbenv versions
  system
  2.4.1
  2.4.2
* 2.5.0 (set by /home/mastodon/.rbenv/version)
  2.5.1
  2.5.3
  2.6.0

おや?ruby2.6.0になってませんね。

これは下記コマンドで変更できます。

$ rbenv global 2.6.0

再度確認します。

$ rbenv versions
  system
  2.4.1
  2.4.2
  2.5.0
  2.5.1
  2.5.3
* 2.6.0 (set by /home/mastodon/.rbenv/version)

ちゃんとバージョンが最新になりましたね。

念のためrubyのバージョンも確認します。

$ ruby -v
ruby 2.6.0p0 (2018-12-25 revision 66547) [x86_64-linux]

問題ありませんね。