あるSEのつぶやき・改

ITやシステム開発などの技術に関する話題を、SEとしての経験から取り上げたり解説したりしています。

映画『空の青さを知る人よ』を観た。青春の1ページを思い出させた。

映画『空の青さを知る人よ』を観ました。

soraaoproject.jp

主人公の17歳の高校二年生・相生あおいが幼い頃に、姉が好きだった金室慎之介が、昔の姿のままで現れたことから始まる青春ドラマです。

この映画は、上演しているときから、気になっていて、だけど観に行かなくて残念に思っていました。

ですが、dアニメストアのレンタルで見られるようになったので、4連休の最終日に観ることにしました。

舞台は『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』と同じ、秩父になります。

長井龍雪監督作品は、秩父が舞台になるんですね。なにか理由があるのでしょうか。

実際に観た感想としては、人を好きになるというのは青春だな、若いっていいな、というものでした。

人を好きになるのに年齢は関係ないですが、若い頃の好きは、歳を取ってからの好きとはまた違いますからね。

あおいの姉のあかねも、まだ30歳くらい。まだまだ若い。

エンドロールの最後まで楽しませてくれる映画でした。

空の青さを知る人よ(完全生産限定版) [Blu-ray]

空の青さを知る人よ(完全生産限定版) [Blu-ray]

  • 発売日: 2020/06/10
  • メディア: Blu-ray

空の青さを知る人よ

空の青さを知る人よ

  • 発売日: 2020/06/10
  • メディア: Prime Video